倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

専門用語集

HOME > 専門用語集 > は行 > 保証金取引

保証金取引

“保証金取引”とは…

  • 信用取引を行うに当たり、保証金を預託して行う取引のことです。
  • 材料仕入不動産賃貸等の取引が保証金取引に当たります。

 

“保証金取引”について知っておきたいこと

  • 保証金取引で預託をした保証金資産に当たります。
  • 法人による保証金取引の保証金は法人の資産目録の破産管財人の調査により回収可能となる資産に計上することになります。
  • 個人による保証金取引の保証金は個人の資産目録の破産管財人の調査により回収可能となる資産に計上することになります。

 

YTOからのアドバイス

  • 保証金取引で預託をした保証金資産に当たります。
  • この資産に当たる保証金を事前に解約回収をしても差支えありません。
  • 解約回収した保証金運転資金倒産手続き費用等に充当しても差支えありません。
  • ただし個人的な使途に流用した場合には差支えることがありますので注意が必要です。
  • また過去2年間に遡り解約回収した保証金は破産申立書類の資産目録に計上して報告しなければなりません。
  • 報告を怠ると使途不明扱いになりますので注意が必要です。
  • 倒産直前になると保証金取引で預託をした保証金の回収は難しくなりますので早めに対処する必要があります。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話