倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

専門用語集

HOME > 専門用語集 > さ行 > 資産目録

資産目録

“資産目録”とは…

  • 破産申立時に裁判所に資産状況を申告する書類です。
  • 資産目録では申し立てをする法人と個人が『どのような資産をどれくらい持っているか』を申告します。

“資産目録”について知っておきたいこと

  • 資産目録で申告する内容は以下になります。
  • ①現金・預金
  • ②公的扶助(年金・手当・生活保護・各種扶助)
  • ③報酬・賃金
  • ④退職金請求権・退職慰労金
  • ⑤貸付金・売掛金など
  • ⑥積立金など(社内積立・財形貯蓄・事業保証金など)
  • ⑦保険(生命保険・傷害保険・火災保険・自動車保険など)
  • ⑧有価証券(手形・小切手・株券・転換社債・ゴルフ会員権など)
  • ⑨自動車・バイクなど
  • ⑩過去5年間において購入価格が5万円以上のもの(貴金属・美術品・骨董品・パソコン・着物など)
  • ⑪過去2年間に処分した評価額、または処分額が20万円以上の財産
  • ⑫不動産(土地・建物・マンション)
  • ⑬相続財産(遺産分割未了の場合も含む)
  • ⑭事業設備・在庫品・什器備品など
  • ⑮その他、破産管財人の調査によっては回収が可能となる財産
  • 資産目録の申告は自己申告になります。
  • 偽り漏れがないように申告する必要があります。

YTOからのアドバイス

  • 資産目録は各裁判所によって様式が異なります。
  • 破産を申し立てる裁判所(一般的には自分の住所地を管轄する裁判所)に確認しておくことが必要です。

YTOの支援

  • YTOは資産目録作成の確認作業を支援します。
  • YTOは資産目録作成を支援します。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話