倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

専門用語集

HOME > 専門用語集 > は行 > 非債弁済

非債弁済

  • 非債弁済とは債務が存在しないにもかかわらず弁済として金員等を給付することです。
  • 民法705条では、債務がないことを知りながら弁済を行った者はその金員等の給付したものの返還請求はできないとしています。
  • 債務がなければ本来は不当利得として返還請求できるのが原則ですが、債務者が金員等の給付時に債務が存在しないことを知っていた場合にはこれを保護する必要はないとしています。

 

非債弁済について知っておきたいこと

  • 破産申立前に金員等の非債弁済を行うことは違法行為となり免責不許可事由に当たります。
  • 財産の隠滅行為として罰せられます。当然、免責許可は認められなくなります。

 

YTOからのアドバイス

  • 非債弁済を行ってしまった場合、弁護士との法律相談(倒産手続きの法律相談)前であれば対応策があります。
  • 破産申立後に非債弁済の事実が判明した場合には対応策はありません。
  • 正直に破産管財人に上申をして裁量免責の判断を仰ぐことが唯一の対応策となります。

 

YTOの支援

  • YTOは非債弁済の対応を支援します。弁護士との法律相談(倒産手続きの法律相談)前であれば対策を講じることが可能です。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話