倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

解決事例

HOME > 解決事例 > 宮城県(飲食業):負債2500万円の解決...

宮城県(飲食業):負債2500万円の解決事例

<相談概要>

  • コロナの影響で売上が激減しています。
  • コロナの影響で1年以上売上がほとんど無い状況が続いています。
  • 先3か月の固定費までは何とか準備ができそうです。
  • しかし先3か月以降は固定費の準備ができそうにありません。
  • この先、売上が回復する見込みもありません。
  • この先、金融機関からの資金調達もできそうにありません。
  • いまなら手持ちの資金資産で清算ができそうです。
  • 任意に倒産手続きを進める方法があれば教えて下さい。
  • 裁判所の手続きによらずに倒産手続きを進める方法があれば教えて下さい。

 

<解決方法>

  • 裁判所によらず、債権者と債務者の話合いにより倒産手続きを進める方法があります。
  • 裁判所によらず、債権者と債務者の話合いにより倒産手続き(内整理)を進めることが可能か否かを確認しました。
  • 債権者との債務精算の協議の可能性を確認しました。
  • 協議をする債権者を確認しました。
  • 協議をする債権者毎の負債額を確認しました。
  • 倒産手続き(内整理)を進めるだけの資金の準備ができるかを確認しました。

 

<依頼者の声>

  • 事前手持ちの資金資産資産目録として整理をしておいたので、債権者との協議を上手く進めることができました。
  • 事前に債権者債権者毎の負債額債権者リストとして整理をしておいたので、債権者との協議を上手く進めることができました。
  • この整理をしておいたので負債総額2500万円に対し、準備できる資産総額2800万円となることを確認できました。
  • 各債権者と負債精算の合意ができたので、裁判所によらない倒産手続き(内整理)を上手く進めることができました。
  • 100%思い通りの倒産手続き(内整理)ができた訳ではありませんが、上手に負債精算ができたと思います。
  • 手持ちの資金資産があるうちに倒産手続き(内整理)ができたので、債権者とのトラブルも回避できました。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話