倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

解決事例

HOME > 解決事例 > 静岡県(建築業):負債2億2000万円の...

静岡県(建築業):負債2億2000万円の解決事例

<相談事例>

  • 債権者からの取立で資金繰りが出来ません。
  • 債権者からの取立で固定費の支払が出来ません。
  • 債権者からの取立で租税公課の支払が出来ません。
  • 債権者からの取立で買掛の支払が出来ません。
  • 支払をしても未払い先からさらに取立を受ける悪循環になっています。
  • この悪循環でキャッシュアウトが止まりません。
  • 倒産の準備・倒産手続き費用の準備も出来ません。
  • 一時的にでも取立を止める方法があれば教えて下さい。

<解決方法>

  • 債権者からの取立の状況を確認しました。
  1. 取立の対処が必要となる債権者を確認しました。
  2. 取立の対処が必要となる負債額を確認しました。
  3. 取立の対処に使える資金(資産・売掛金etc)を確認しました。
  • 上記の確認の状況から債権者に分割支払の協議の可能性を検討しました。
  • 任意による文書誓約での分割支払を検討しました。
  • 公証人による公正証書誓約での分割支払を検討しました。

 

<依頼者の声>

  • 任意による文書誓約での分割支払で取立の対処ができました。
  • 公証人による公正証書誓約での分割支払で取立の対処ができました。
  • 債権者との文書誓約・公正証書誓約による分割支払の対処で一時的ですが取立が止まりました。
  • 債権者との文書誓約・公正証書誓約による分割支払の対処で一時的ですがキャッシュアウトが止まりました。
  • 一時的に取立キャッシュアウトが止まっている間に倒産の準備倒産手続き費用の準備ができました。
  • 一時的に取立キャッシュアウトが止まっている間に倒産後の家族の生活環境の準備倒産後の生活費の準備ができました。
  • 一時的に取立キャッシュアウトが止まっている間に倒産後の再起の準備もできました。
  • 一時的に取立キャッシュアウトが止まっている間に偏頗弁済射幸行為免責不許可事由となる行為に注意して倒産の準備を進めたので破産申立後に大きな問題になることもありませんでした。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話