倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

解決事例

HOME > 解決事例 > 東京都(サービス業):負債5500万円の...

東京都(サービス業):負債5500万円の解決事例

<相談の概要>

  • 運転資金不足から家賃支払が2か月以上遅延しています。
  • 運転資金不足から買掛支払が2か月以上遅延しています。
  • 運転資金不足から借入返済が3か月以上遅延しています。
  • 運転資金不足からリース支払が3か月以上遅延しています。
  • 運転資金不足から公租公課の支払が6か月以上遅延しています。
  • 支払遅延により頻繁に支払督促の電話がかかってきます。
  • 支払遅延により厳しい取立が生じています。
  • 支払遅延により訴訟も起こされています。
  • 支払遅延の対応で精神的に限界です。
  • まとまった資金は底をつき倒産手続き費用を準備することができません。
  • 新規の運転資金の融資の目途も立ちません。
  • 店舗の売上だけが現在の唯一の入金です。
  • 店舗の売上金を倒産手続き費用に充当できるでしょうか。
  • 店舗の売上金で倒産手続きを進めることはできるでしょうか。

<解決の方法>

  • 店舗の売上金で倒産手続きを進めることができるか否かを確認しました。
  • 店舗の売上金で倒産手続きを進めることが違法にならないかを確認しました。
  • 事業停止までを2か月とする予定を立てました。
  • 事業停止までの2か月の店舗の売上の目標を立てました。
  • 事業停止までの2か月の支払督促の対応準備をしました。
  • 事業停止までの2か月の取立の対応準備をしました。
  • 事業停止までの2か月の訴訟の対応準備をしました。
  • 事業停止までの2か月で必要となる資料の準備をしました。
  • 事業停止までの2か月で必要となる書類の準備をしました。
  • 事業停止までの2か月で倒産後の生活の準備をしました。
  • 事業停止までの2か月で倒産後の再起の準備をしました。
  • 事業停止までの2か月の店舗の売上金で倒産手続き費用を準備しました。

 

<依頼者の声>

  • ただ不安で悩んでいたことで売上金のキャッシュアウトを引き起していました。
  • 店舗の売上金を倒産手続き費用に充当する予定を立てたことでキャッシュアウトを防ぐことができました。
  • 事業停止までの2か月の予定を立てることで倒産の準備ができました。
  • 事業停止までの2か月の予定を立てることで督促・取立・訴訟に耐えることができました。
  • 事業停止までの2か月の売上金で倒産手続き費用を賄うことができました。
  • 事業停止までの2か月で倒産後の生活の準備ができました。
  • 事業停止までの2か月の予定を立てたことで精神的にも頑張ることができました。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話