倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

解決事例

HOME > 解決事例 > 神奈川県(建築業):負債9500万円の解...

神奈川県(建築業):負債9500万円の解決事例

<相談の概要>

  • 向う3か月の資金繰りが全くできません。
  • 向う3か月の入金額の合計は1500万円です。
  • 向う3か月の支払額の合計は2800万円です。
  • 当月は300万円の資金不足です。
  • 来月は500万円の資金不足です。
  • 再来月は500万円の資金不足です。
  • 向う3か月で1300万円の資金不足の状況です。
  • 向う3か月の資金繰りの目途が立ちません。
  • 向う3か月の支払の為の運転資金の借入は不調となりました。
  • 向う3か月の新規受注による入金の予定もありません。
  • 個人の預貯金も既に使い果たしており現金預金もありません。
  • 向う3か月の経営継続が困難な状況です。
  • いま倒産を決断しなければならないでしょうか?

<解決の方法>

  • 向う3か月の資金繰りを再確認しました。
  • 経営継続の可能性を確認しました。
  • 向う6か月の資金繰りを再確認しました。
  • 経営継続の可能性を確認しました。
  • 経営継続の可能性をさらに客観的に再確認しました。
  • 再確認の結果、経営継続が不可能であると判断し倒産を決断しました。
  • 向う3か月の入金の合計1500万円を倒産手続き費用に充当することを前提に、向う3か月の資金使途の予定を立てました。
  • 向う3か月の支払ができなくなることによる支払督促等の対処方法を確認しました。
  • 向う3か月の資金使途が違法な資金使途にならないよう確認しました。
  • 向う3か月の資金使途が偏頗弁済に該当しないよう確認をしました。
  • 向う3か月の準備が計画倒産にならないよう倒産の準備を行いました。

 

<依頼者の声>

  • 向う3か月の入金の合計金額1500万円を合法的に使うことができました。
  • 向う3か月の入金の合計金額1500万円から倒産手続き費用の準備をすることができました。
  • 向う3か月の入金の合計金額1500万円から倒産後の生活費の準備をすることができました。
  • 向う3か月の支払督促の対応は大変でしたが何とか乗り切ることができました。
  • 1500万円の入金予定があるうちに倒産の決断をしたので、倒産手続き費用倒産後の生活費の準備ができました。
  • 向う3か月の資金繰りが困難であることを再確認していなければ1500万円は全額キャッシュアウトさせてしまったと思います。
  • 向う3か月の資金繰りが困難であることを再確認していなければ倒産の決断はできなかったと思います。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話