倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

解決事例

HOME > 解決事例 > 神奈川県(飲食業):負債8000万円の解...

神奈川県(飲食業):負債8000万円の解決事例

<相談の概要>

  • 売上減少により資金繰りの目途が立たない状況になっています。
  • 売上減少により借入金の返済が滞る状況になっています。
  • 売上減少により買掛金の支払が滞る状況になっています。
  • 売上減少により店舗の賃貸料の支払が滞る状況になっています。
  • 店舗運営に以下のような支障も生じています。
  1. 金融機関から期限の利益の喪失による借入金の一括返済を求められています。
  2. 地代家賃の支払ができず3か月後の店舗明渡しを通告されています。
  3. 複数の取引先より買掛未払い金の支払督促を受けています。
  • 3か月後まで経営継続ができません。
  • 3か月後には倒産に至る状況です。

<解決の方法>

  • 3か月先まで営業継続ができるように以下の予定を立てました。
  1. 資金繰りの予定を立てました。
  2. 金融機関の対応予定を立てました。
  3. 店舗継続の対応予定を立てました。
  4. 債権者への支払予定を立てました。
  • 3か月間の売上金の確保ができるように予定を立てました。
  • 3か月間に倒産の準備ができるように予定を立てました。
  • 3か月間に倒産手続き費用の準備ができるように予定を立てました。
  • 3か月間に倒産後の生活費の準備ができるように予定を立てました。
  • 3か月間に倒産後の生活環境の準備ができるように予定を立てました。

 

<依頼者の声>

  • 3か月間は苦しい思いをしましたが、3か月間で倒産準備ができました。
  • 3か月の予定と目標ができたので頑張ることができました。
  • 3か月後の月末に予定通りに事業停止ができました。
  • 事業停止後、すぐに次の人生をスタートさせることができました。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話