倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

解決事例

HOME > 解決事例 > 岡山県(サービス業):負債1億2500万...

岡山県(サービス業):負債1億2500万円の解決事例

<相談事例>

  • 倒産に際して従業員の解雇で悩んでいました。
  • 倒産に際して従業員に解雇をどのように通知したら良いかで悩んでいました。
  • 解雇予告を30日以上前に通知すれば従業員とトラブルが生じることが予測できたからです。
  • 解雇予告を30日以上前に通知すれば倒産情報が外部に漏れて債権者からの取立が生じることが予測できたからです。
  • 倒産に際して大きなトラブルにならないように従業員を解雇する方法が分かりません。
  • 倒産に際して大きなトラブルにならないように従業員を解雇する方法を教えて下さい。

<解決方法>

  • 倒産に際して解雇予告通知を30日以上前に通知すると従業員とトラブルになることが予測されたのでトラブル回避を検討しました。
  1. 従業員とのトラブル回避の方法を検討しました。
  2. 倒産情報が外部に漏れることによる取立回避の方法を検討しました。
  3. 解雇予告通知には解雇理由が記載されるからです。
  4. 解雇予告通知には会社の経営継続が不可能となった為等の解雇理由が記載されるからです。
  • 倒産に際して従業員や債権者とトラブルが生じないように事業停止時の解雇通知を検討しました。

 

<依頼者の声>

  • 事業停止時に解雇通知をすることでトラブル回避ができました。
  • 事業停止時に解雇予告手当を付加して支払うことでトラブル回避ができました。
  • 当月給料と解雇予告手当1か月分を支払うことでトラブル回避ができました。
  • 倒産による事業停止時に解雇予告手当を支払うことで30日以上前に解雇予告通知しない解雇ができました。
  • トラブル回避ができました。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話