倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

解決事例

HOME > 解決事例 > 茨城県(卸売業):負債2億5000万円の...

茨城県(卸売業):負債2億5000万円の解決事例

<相談の概要>

  • 1か月先期日の手形1500万円が不渡りになりそうです。
  • 2か月先期日の手形1200万円が不渡りになりそうです。
  • 3か月先期日の手形1300万円も不渡りになりそうです。
  • 不渡りを回避する為の資金繰りの目途が立ちません。
  • 3か月先までの売掛金の回収資金では資金ショートを起こしてしまいます。
  • 不渡りを回避すると買掛金の支払ができなくなります。
  • 不渡りを回避すると給料の支払ができなくなります。
  • 不渡りを回避すると公租公課の支払ができなくなります。
  • 不渡りの回避と支払をする為の現金預金の余力がありません。
  • 不渡りの回避と支払をする為の金融機関からの新規借入金の目途が立ちません。
  • 3か月先までの資金繰りが行き詰まってしまいました。
  • 3か月先までに経営破綻してしまいそうです。
  • 支払トラブルを回避しながら破産申立手続きの準備はできるでしょうか。
  • 支払トラブルを回避しながら破産申立費用の準備はできるでしょうか。

<解決の方法>

  • 破産申立に必要となる破産申立資料の準備の予定を立てました。
  • 破産申立に必要となる破産申立書類の準備の予定を立てました。
  • 破産申立に必要となる破産申立費用の準備の予定を立てました。
  • 破産申立までの支払トラブルの回避の対策を検討しました。
  • 破産申立までの手形の不渡りの回避の対策を検討しました。
  • 破産申立までの準備と支払トラブルの回避を予定通りに進めました。
  • 破産申立までの準備と手形の不渡りの回避を予定通りに進めました。
  • 破産申立までの準備と破産申立後の家族の生活準備を進めました。

 

<依頼者の声>

  • 不渡りのトラブルを回避しながら破産申立手続きの準備ができました。
  • 支払のトラブルを回避しながら破産申立手続きの準備ができました。
  • 支払のトラブルを回避しながら破産申立費用の準備ができました。
  • 支払のトラブルを回避しながら破産申立後の家族の生活準備もできました。
  • 手形の不渡りの現実を直視して倒産の決断をしたことで破産申立の準備を始める気持ちになれました。
  • 手元に資金があるうちに倒産の決断をしたことで支払のトラブルを回避しながら破産申立手続きの準備と破産申立費用の準備ができました。
  • 手元に資金があるうちに倒産の決断をしたことで破産申立後の家族の生活準備もできました。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話