倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

解決事例

HOME > 解決事例 > 愛知県(製造業):負債2億円の解決事例

愛知県(製造業):負債2億円の解決事例

<相談の概要>

  • 振出手形が翌々月10日に不渡りになってしまいます。
  • 振出手形は6件で2,800万円です。
  • 振出手形が不渡りになると2回目の不渡りなので銀行取引停止になってしまいます。
  • 振出手形を落とす為の資金繰りの目途が立ちません。
  • 振出手形を落とす為の借入の目途も立ちません。
  • 振出手形が翌々月10日に不渡りになった時点で倒産になってしまいます。
  • 万策尽きました。
  • 資金繰りができません。
  • 倒産の準備の仕方も分かりません。
  • できれば翌々月10日までに倒産の準備をしたいのですが何をしたら良いのかがわかりません。
  • 何をしたら良いか教えて下さい。

<解決方法>

  • 翌々月10日までの振出手形のジャンプ対応を確認しました。
  • 翌々月10日までの売掛金回収・資産売却による資金捻出を確認しました。
  • 翌々月10日までの支払予定を確認しました。
  • 翌々月10日までの最低限度の資金使途を確認しました。
  • 翌々月10日までの債権者の対応を確認しました
  • 翌々月10日までの倒産準備スケジュールを確認しました。
  • 翌々月10日までの倒産準備スケジュールにしたがい準備を始めました。

<依頼者の声>

  • 翌々月10日までの倒産準備スケジュールにしたがい倒産準備ができました。
  • 翌々月10日までの予定を立てたことで遅滞なく準備ができました。
  • 翌々月10日までの予定を立てたことで取付け騒ぎも回避できました。
  • 翌々月10日までの予定を立てたことで勇気を持って倒産準備を進めることができました。
  • 倒産後の生活の準備もできました。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話