倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

解決事例

HOME > 解決事例 > 東京都(飲食業):負債7500万円の解決...

東京都(飲食業):負債7500万円の解決事例

<相談概要>

  • 倒産を考えていますが、従業員への給料等が支払えそうにありません。
  • 倒産を考えていますが、従業員に支払えない給料等が未払い賃金となってしまいそうです。
  • 従業員に支払えない給料等は定期賃金割増賃金(残業代)です。
  • 倒産をする時、従業員への未払い賃金の取り扱い方が分かりません。
  • 倒産をする時、従業員への未払い賃金をどうしたらいいかが分かりません。

 

<解決方法>

  • 倒産をする時、未払い賃金の対象者となる従業員は債権者になります。
  • 倒産前に未払い賃金の対象者となる従業員を債権者リスト等に計上する準備を行いました。
  • 未払い賃金の対象者となる従業員の情報(氏名・住所・電話番号)を確認しました。
  • 未払い賃金の対象者となる従業員の債権額(未払い賃金の額)を確認しました。
  • 未払い賃金に関する準備と同時に、倒産後に未払い賃金立替払い制度を利用する為の書類と資料を確認しました。

 

<依頼者の声>

  • 倒産前に未払い賃金の対処準備ができたので、従業員と大きなトラブルにならずに済みました。
  • 倒産時(事業停止時)に、従業員へ未払い賃金の取り扱い方を適切に説明できたので大きなトラブルにならずに済みました。
  • 倒産前に未払い賃金立替払い制度の対処準備ができたので、従業員と大きなトラブルにならずに済みました。
  • 倒産時(事業停止時)に、従業員へ未払い賃金立替払い制度の取り扱い方を適切に説明できたので大きなトラブルにならずに済みました。
  • 倒産前に準備をしていたことで、従業員とのトラブルが回避できました。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話