倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

解決事例

HOME > 解決事例 > 石川県(建築業):負債2億2500万円の...

石川県(建築業):負債2億2500万円の解決事例

<相談概要>

  • 倒産の準備中に困ったことに気が付きました。
  • 貸付金の問題です。
  • 貸付金が債権に当たることが分りました。
  • 親族等への未回収の貸付金がありました。
  • 親への貸付金500万円がありました。
  • 友人への貸付金300万円がありました。
  • 貸付金を破産管財人が回収すると聞きました。
  • 親も友人も貸付金の返済ができそうにありません。

<解決方法>

  • 貸付金は資産としての債権です。
  • 破産管財人が回収することになりますので対策を検討しました。
  • 親への貸付金500万円の貸付残高を確認しました。
  • 友人への貸付金300万円の貸付残高を確認しました。
  • 貸付金の合法的な経理処理が出来るか否かを確認しました。

 

<依頼者の声>

  • 早い時期から倒産準備を進めていたことで、貸付金の問題に早い時期に気が付くことができました。
  • 早い時期から倒産準備を進めていたことで、貸付金の問題を合法的に処理することができました。
  • 親への貸付金の問題は合法的に解決することができました。
  • 友人への貸付金の問題も合法的に解決することができました。
  • 早い時期から倒産準備を進めていたことで、破産申立までの6か月の間で合法的に貸付金の問題を対処することができました。
  • 早い時期から倒産準備を進めていなければ、貸付金の問題を合法的に対処することは出来気なかったと思います。
  • 貸付金の問題の対処ができなければ、親と友人は貸付金の支払いを破産管財人から命じられることになったと思います。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話