倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

解決事例

HOME > 解決事例 > 茨城県(運送業)負債7000万円の解決事...

茨城県(運送業)負債7000万円の解決事例

<相談の概要>

  • 倒産後の生活が心配です。
  • 倒産で住宅(持ち家)を明け渡すことになってしまいます。
  • 倒産で車(自家用車)を明け渡すことになってしまいます。
  • 住宅と車がないと倒産後の生活が成り立ちません。
  • 「倒産するとブラックリストに登録されて賃貸住宅の契約が出来なくなる」と聞きました。
  • 「倒産するとブラックリストに登録されて車のリース契約が出来なくなる」と聞きました。
  • 倒産後の生活で必要となる住宅の準備の仕方が分かりません。
  • 倒産後の生活に必要となる住宅の準備の仕方を教えて下さい。

<解決方法>

  • 倒産で住宅(持ち家)を明け渡さずに済む方法があるかを確認しました。
  • 確認の結果、住宅の明渡しが避けられない状況にあることが分かりました。
  • 倒産で車(自家用車)を明け渡さずに済む方法があるかを確認しました。
  • 確認の結果、の明渡しが避けられない状況にあることが分かりました。

 

<依頼者の声>

  • 倒産前に倒産後に生活する賃貸住宅の準備を進める方法がありました。
  • 倒産前に倒産後に生活する賃貸住宅の準備をしても差支えありませんでした。
  • ブラックリストに登録される前(倒産前)に賃貸住宅の契約をしたことで、倒産後の住宅の準備が出来ました。
  • 倒産前に倒産後に使用する車の準備を進める方法がありました。
  • 倒産前に倒産後に使用する車の準備をしても差支えありませんでした。
  • ブラックリストに登録されると契約が出来ないため、妻名義で車の準備をしました。
  • 保険も妻名義で加入することで準備が出来ました。
  • 免責不許可事由に該当すること無く準備をすることができました。
  • 違法行為に当たることも無く、住宅と車の準備ができました。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話