倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

解決事例

HOME > 解決事例 > 東京都(飲食業):負債8000万円の解決...

東京都(飲食業):負債8000万円の解決事例

<相談の概要>

  • 新型コロナウイルスの影響で閉店することとなりました。
  • 新型コロナウイルスの影響で4月以降、売上がほとんどありません。
  • 手持ち資金と借入金により固定費の支払をしてきましたが限界です。
  • 従業員の給料の支払が出来ません。
  • 買掛金の支払が出来ません。
  • 地代家賃の支払が出来ません。
  • 公租公課の支払が出来ません。
  • 借入金の返済ができません。
  • 売上がもとに戻る見込みもありません。
  • コロナ関連の新たな融資による運転資金調達の目途も立ちません。
  • 経営継続を目指して頑張りましたが手持ち資金がなくなりました。
  • 経営継続を目指して頑張りましたが頑張る気持ちを維持することもできません。
  • 破産申立と免責申立の方法を準備の仕方から教えて下さい。

<解決方法>

  • 破産申立・免責申立に必要となる費用の捻出方法から検討を始めました。
  • 倒産後の生活費に必要となる費用の捻出方法から検討を始めました。
  • 資産売却により費用を捻出することとしました。
  • 資産売却による資産の洗い出し作業を進めました。
  • 資産売却による資産の洗い出し作業破産申立免責申立倒産後の生活費の捻出の目途が立ちました。

 

<依頼者の声>

  • 資産の洗い出し作業と同時に倒産手続きの準備倒産後の家族の生活環境の準備再起の準備を行うこともできました。
  • 準備を進めることが自暴自棄の気持ちの払拭につながりました。
  • 準備を進めることが頑張って生きる気持ちの維持につながりました。
  • 準備を進めることが生きる勇気につながりました。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話