倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

解決事例

HOME > 解決事例 > 広島県(建築業):負債2億5000万円の...

広島県(建築業):負債2億5000万円の解決事例

<相談の概要>

  • 新型コロナウイルスの影響で契約予定がすべてキャンセルになりました。
  • 新型コロナウイルスの影響で受注予定もすべてキャンセルになりました。
  • 契約予定がすべてキャンセルになったことで2か月先までの資金繰りの目途が立たなくなりました。
  • 買掛金の支払が出来ない状況になりました。
  • 受注予定がキャンセルになったことで6か月先までの資金繰りの目途が立たなくなりました。
  • 経営継続の目途が立たない状況になりました。
  • 新型コロナウイルス対策の借入を申込みましたが、金融機関に「受付は3か月先」や「融資は早くて4か月先」と言われてしまい当面の資金調達ができません。
  • 支払が出来ないので債権者からの取立が厳しい状況です。
  • 手持ち資金も無いことからすぐに破産申立をすることも出来ません。
  • 破産申立をする方法を教えて下さい。

<解決方法>

  • まず債権者からの督促取立差押の対処方法を検討しました。
  • キャッシュアウト防止による資金捻出を検討しました。
  • 資産売却による資金調達を検討しました。
  • 倒産手続きに必要となる資料の準備も進めました。
  • 倒産手続きに必要となる書類の準備も進めました。
  • 倒産後の家族の生活の準備再起の準備も進めました。
  • 破産申立までのスケジュールを立てて準備を進めました。

 

<依頼者の声>

  • 1か月の期間を目標として資金調達を進めました。
  • キャッシュアウト防止と資産売却で800万円の資金調達ができました。
  • 資金調達ができるまでに資料と書類の準備ができました。
  • 資金調達ができるまでに家族の生活の準備再起の準備ができました。
  • 諦めずに準備をしたことで資金調達ができました。
  • 諦めずに準備をしたことで破産申立・免責申立ができました。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話