倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

解決事例

HOME > 解決事例 > 京都府(小売業):負債3500万円の解決...

京都府(小売業):負債3500万円の解決事例

<相談の概要>

  • キャッシュフローが尽きてしまいそうです。
  • コロナの影響で売上が激減しています。
  • コロナの影響による売り上げの激減が回復しません。
  • 帳簿上は利益計上できています。
  • 決算は黒字です。
  • 黒字決算ができているのに倒産に追い込まれてしまいそうです。
  • 経営努力を怠った訳ではありません。
  • 経営努力ではコロナの影響を乗り越えることが出来そうにありません。
  • 黒字倒産になってしまいそうです。
  • 黒字でも破産申立と免責申立はできるでしょうか。

<解決方法>

  • 帳簿上の利益計上とキャッシュフローの状況を確認しました。
  • 現状の財務状況が債務超過になっていることを確認しました。
  • 黒字倒産の状況にあることを確認しました。
  • 黒字決算であるにもかかわらず金融機関の融資では経営継続が出来ないほどに売上金が激減していることを確認しました。
  • 売上金の激減による債務超過の状況回復が難しいことを確認しました。
  • 黒字であるにもかかわらず倒産せざるを得ない状況であることを確認しました。

 

<依頼者の声>

  • コロナの影響で売上金の回復が見込めそうにありませんでした。
  • 金融機関からの借入(資金調達)は2行から出来ただけでした。
  • 金融機関に再度の借入(資金調達)をお願いしましたが不調となりました。
  • 金融機関との協議が不調になったことでキャッシュフローが尽きてしまうことが確実になりました。
  • キャッシュフローが尽きる前に倒産準備を進める決断をしました。
  • 黒字倒産を決断しました。
  • 債務超過が深刻になると倒産手続き費用の準備もできなくなるのでその前に倒産の準備を始めました。
  • 早く黒字倒産の準備を始めたことで破産申立と免責申立の準備ができました。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話