倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

ココロノヨリドコロ

HOME > ご相談の実例 > 弁護士と倒産相談を上手く行う方法について

弁護士と倒産相談を上手く行う方法について

相談内容

弁護士と倒産相談をうまく行う方法を教えてほしい。

 

相談の経緯

弁護士と倒産相談をうまく行う方法をお教えしています。

弁護士と倒産相談をうまく行うには、何を上手く相談すれば良いかを知っておくことが重要です。

 

具体的には、倒産相談で弁護士から聞かれる内容の準備ができていればよいわけです。
弁護士から聞かれる内容は主に以下となります。

  1. 倒産に至る経営状況
  2. 負債総額
  3. 債権者数
  4. 債権者に対して保証人になっているか
  5. 債権者にかかわる書類の整理ができているか
  6. 債権者とトラブルが生じているか
  7. 債権者に詐欺的な行為を行っていないか
  8. 手持ち資金の状況、資産の状況

よって、弁護士と倒産相談をうまく行う為にはこれらを事前に準備しておくことが必要です。

 

相談の要点

上記の質問への準備ができていれば、弁護士と上手く倒産相談を行うことができます。

質問の準備ができていれば、

  • 弁護士の作業量が軽減できます。
  • 弁護士に早く受任通知を出してもらうことができます。
  • 弁護士に倒産相談をしてから破産申立、免責申立までの時間が短縮できます。
  • 倒産手続き費用が安くなります。

YTOは、弁護士との倒産相談が上手く行くように、相談の準備を支援します。

倒産手続き費用が安くなるよう、支援していきます。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話