倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

ココロノヨリドコロ

HOME > ご相談の実例 > 倒産準備を短期間で行う方法を教えてほしい...

倒産準備を短期間で行う方法を教えてほしい。

相談内容

倒産準備を短期間で行う方法を教えてほしい。

 

相談の経緯

倒産準備を短期間で行う方法をお教えしています。

 

倒産準備を短期間で行うことは可能です。決して難しいことではありません。

弁護士に倒産相談をしてから弁護士と倒産準備に入った場合、倒産準備に要する期間は2~3ヵ月程度となります。

この倒産準備に要する期間を2週間~1ケ月以内に短縮することは可能です

 

倒産準備で行うことは以下の1〜3の作業です。

  1. 債権者の確認作業。
  2. 債務総額の確認作業。
  3. 資産の確認作業。
  4. 1〜3の証明資料を準備する作業。

この1〜4の作業を短期間で行えば良いわけです。

この1〜4の作業を短期間で行う為には、弁護士事務所に出向いての作業では不可能です。
資料は会社にある分けですから会社で行うことが原則です。

しかしながら、弁護士は会社に出向いてくれません。
弁護士が会社に出向いてくれた場合には、弁護士費用・弁護士実費はかなり高額になることを覚悟しなければなりません。

 

倒産準備ができていれば、弁護士は相談日の翌日に受任通知を発送することが可能となります。

倒産準備ができていれば、弁護士は相談日から1週間程度で破産申立・免責申立をすることが可能となります。

倒産準備ができていれば、弁護士実費がかなり安くなります。

 

相談の要点

  • 倒産前の苦しく厳しい状況でも、会社で倒産準備をすることで倒産準備は短期間で完了できます。
  • 倒産前の苦しく厳しい状況でも、従業員に気づかれず、債権者にも気づかれず短期間で倒産準備を行うことは可能です。
  • 弁護士が会社に出向いてくれなくても、倒産準備を短期間で行うことは可能です。
  • 倒産準備を短期間で行うことで、弁護士費用・弁護士実費がかなり安くなります。
  • 倒産準備を短期間で行うことで、債権者との取立のトラブルを回避することができます。
    倒産準備を短期間で行うことで、倒産後の家族の生活費を捻出することも可能となります。
  • YTOは、倒産準備を短期間で完了させる支援をします。
    倒産準備は2週間~1ケ月で完了できます。
  • YTOは、倒産前の苦しく厳しい状況でも、会社に出向いて支援をします。
    従業員に気づかれず、債権者にも気づかれずに短期間で倒産準備を完了させる支援をします。
  • YTOは、倒産準備を短期間で完了させてから弁護士に相談ができるように支援をします。

 

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話