倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

ココロノヨリドコロ

HOME > ご相談の実例 > 厳しい取立の具体的な対処方法についての相...

厳しい取立の具体的な対処方法についての相談

相談内容

厳しい取立の具体的な対処方法を教えてほしい。

 

相談の経緯

「金融機関からの厳しい取立」の対処方法をお教えしています。

「一般債権者からの暴力的な取立」の対処方法をお教えしています。

 

金融機関は、約定に則って取立を行ってきます。

  • 期限の利益喪失による一括返済を求めてきます。
    「証書貸付の取立」の場合に行われる手続きです。
    期限の利益喪失による一括返済は、法的手続きによりますので取立までには一定の時間が必要となります。
  • 口座残高の差押えによる取立を行ってきます。
    「手形貸付の取立」の場合によく行われる手続きです。
    法的手続きを必要としませんので口座残高を即刻差押えられます。

*対処方法

金融機関からの取立の通告を怖がる必要はありません。

金融機関に能動的返済猶予の対応をすることが重要です。

違法にならない対処方法があります。

取立をされる前に「破産申立免責申立」を行うことです。

取立までの時間を先送りする一定の手続きを合法的に執ることです。

 

一般債権者の一部には暴力的な取立を行う者がいます。

  • 暴力的に脅すことで取立を行ってきます。
  • 法的手続きでの取立を名目に脅迫まがいに暴力的な取立をしてきます。

*対処方法

暴力的な取立を恐れる必要はありません。

暴力的な取立をする債権者を一時的に鎮静化させる方法があります。

法的手続きでの取立には合法的な対処方法があります。

取立をされる前に「破産申立免責申立」を行うことです。

取立までの時間を先送りする一定の手続きを執ることです。

 

取立の対処をしないと「倒産手続き費用、家族の生活費の捻出」ができなくなります。

取立の対処をしないと精神的に追い込まれます。客観的な判断もできなくなります。

 

相談の要点

厳しい取立の対処が必要となっている方は、倒産を決断しなければならない時期であることを認識して下さい。

厳しい取立の対処をしないと「倒産手続き費用、家族の生活費の捻出」が必ずできなくなります。

厳しい取立の対処をせずに取立に応じていると、時間の経過とともに取立はさらに厳しい状況に陥ります。

「破産申立・免責申立」の機会を失うことになります。

厳しい取立は倒産状況にあることを示す事象です。

この事象を客観的に受け止めることが重要です。

「金融機関からの厳しい取立」の対処は難しくありません。弁護士に依頼をしなくてもすぐに対処できます。

「一般債権者からの厳しい取立」の対処は難しくありません。弁護士に依頼をしなくてもすぐに対処できます。

取立までの時間を先送りする一定の手続きで解決できます。

一定の手続きの後、速やかに「破産申立免責申立」をすることで解決できます。

 

*YTOは、厳しい取立を一定の手続きで解決する支援をします。

*YTOは、厳しい取立の解決をしたうえで「破産申立免責申立」の準備を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話