倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

ココロノヨリドコロ

HOME > ご相談の実例 > 債権者からの「取立」の対処についての相談

債権者からの「取立」の対処についての相談

相談内容

  • 債権者からの取立で困っていました。
  • 債権者からの取立の対処で悩んでいました。
  • 債権者からの取立の対処が出来ずに悩んでいました。
  • 債権者からの取立の対処が出来ないことから、取立が日に日に大きな問題になって行きました。
  • 債権者からの取立の対処が出来ないことから、キャッシュアウトが起きてしまいました。
  • 債権者からの取立の対処方法が分りません。
  • 債権者からの取立の対処方法を教えて下さい。

 

相談の経緯

  • 債権者からの取立が深刻な問題になってしまいました。
  • 債権者からの取立の連鎖が起こる状況になってしまいました。
  • 債権者からの取立によるキャッシュアウトが止まりません。
  • 債権者からの取立によるキャッシュアウトで当面の資金繰りも出来ない状況になってしまいました。
  • 債権者からの取立によるキャッシュアウトで倒産手続き費用の準備もできない状況になってしまいました。
  • 債権者からの取立キャッシュアウトを止める方法を教えて下さい。

 

相談の要点

  • 債権者からの取立キャッシュアウトは債権者に支払いをしないと止めることはできません。
  • 債権者からの取立キャッシュアウトは債権者に支払いの誓約をすることが出来れば一時的に止めることは可能となります。
  • 債権者に支払の誓約公正証書で行うことが有効です。
  • 債権者は公正証書による支払の誓約であれば分割支払の協議に耳を傾けてくれる可能性があります。
  • 債権者との公正証書による分割支払の誓約に期限の利益の喪失時の強制執行の特約を付すことで協議に応じてくれることがよくあります。
  • この協議ができれば一時的ではありますが取立キャッシュアウトは止まります。
  • 一時的でも取立キャッシュアウトが止まることで気持ちの余裕を持つことができます。
  • 取立キャッシュアウトが止まっている間に倒産の準備を進めることが可能となります。
  • 取立キャッシュアウトが止まっている間に倒産手続き費用の準備を進めることも可能となります。
  • 合法的な倒産の準備倒産手続き費用の準備であれば、後々問題になることはありません。
  • この間に偏頗弁済射幸行為、並びに免責不許可事由となる行為等を行うことは厳禁です。
  • 後々問題になることがあります。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話