倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

ココロノヨリドコロ

HOME > ご相談の実例 > 倒産時の従業員の解雇の仕方についての相談

倒産時の従業員の解雇の仕方についての相談

相談内容

  • 倒産にともなう従業員の解雇の仕方で悩んでいました。
  • 「従業員をどのように解雇したらいいか?」で悩んでいました。
  • 「いつ従業員に解雇を通知するか?」で悩んでいました。
  • 従業員に1か月以上前に解雇予告を通知した場合、従業員とトラブルになる恐れがあるので悩んでいました。
  • 従業員に1か月以上前に解雇予告を通知した場合、倒産(事業停止)情報が債権者に知れ渡ってしまう恐れがあるので悩んでいました。
  • 従業員とトラブルにならない従業員の解雇の仕方があれば教えて下さい。
  • 債権者に影響を及ぼすことのない従業員の解雇の仕方があれば教えて下さい。

 

相談の経緯

  • 従業員に解雇予告を通知した時、トラブルになることが怖くてどうしたらいいか分かりません。
  • 従業員に解雇予告を通知した時、債権者とトラブルになることが怖くてどうしたらいいか分かりません。
  • 従業員に解雇予告を通知した時、不測の事態が起きてしまいそうで不安です。
  • 従業員に解雇予告を通知した時、取り付け騒ぎが起きてしまいそうで不安です。
  • どうしたら良いかを教えて下さい。

 

相談の要点

  • 従業員の解雇には2つの方法があります。
  1. 1か月以上前に解雇予告通知を行い、事業停止時に解雇通知月分の給料を渡して解雇する方法
  2. 事業停止の当日に解雇通知当月分の給料+解雇手当を渡して解雇する方法
  • ①の場合には1か月以上前に解雇予告をすることから従業員とのトラブル債権者とのトラブルが生じやすいです。
  • ②の場合には事業停止日の当日に解雇をすることから従業員と債権者のトラブルは回避できます。
  • 従業員を解雇する時のトラブルを回避するには②を選択することが一般的です。
  • ただし②を選択する場合には従業員解雇時の費用が多くなるため、事前に解雇費用の準備が必要となります。
  • また②を選択する場合には事業停止日当日に雇用保険被保険者資格喪失届社会保険資格喪失届等の解雇手続きで不備が出ないように準備しておく必要もあります。

 

*YTOは解雇手続きの不安の軽減を支援します。

*YTOは解雇時のトラブルの軽減を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話