倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

解決事例

HOME > 解決事例 > 徳島県(卸売業)負債1億6000万円の解...

徳島県(卸売業)負債1億6000万円の解決事例

<相談の概要>

  • 倒産前の資金繰りが出来ない状況です。
  • 資金流出(キャッシュアウト)が起きてしまいました。
  • 従業員の給料は支払いました。
  • 分割支払の税金は支払いました。
  • 親族へ借入返済金を支払いました。
  • しかしその他の支払はできません。
  • 資金流出(キャッシュアウト)が原因で特定の債権者にのみ支払いをしていますが、破産申立時に問題になりますか?
  • 資金流出(キャッシュアウト)が原因で差押未払い残金請求訴訟を提起されていますが、破産申立時に問題になりますか?
  • 破産申立時に資金流出(キャッシュアウト)が問題視されるか心配です。
  • どうしたら良いか教えて下さい。

<解決方法>

  • 資金流出(キャッシュアウト)の履歴を確認しました。
  • 資金流出(キャッシュアウト)の履歴を現金元帳銀行元帳預金通帳から確認しました。
  • 資金流出(キャッシュアウト)の履歴を過去2年まで遡って確認しました。
  • 資金流出(キャッシュアウト)が偏頗弁済に当たるか否かを確認しました。

 

<依頼者の声>

  • 資金流出(キャッシュアウト)の状況での優先債権(給料、税金)の支払破産申立時に問題にならないことが分かりました。
  • 資金流出(キャッシュアウト)の状況での差押未払い残金請求訴訟も破産申立時に問題にならないことが分かりました。
  • 資金流出(キャッシュアウト)の状況での親族への借入返済偏頗弁済に当たり、破産申立時に大きな問題になることが分かりました。
  • 破産申立までに親族への借入返済の対処を行いました。
  • 破産申立までに資金流出(キャッシュアウト)の状況を考慮した偏頗弁済等の対処・準備をしたことで、問題点を指摘されずに済みました。
  • 資金流出(キャッシュアウト)の状況での破産申立でしたが、事前に対処と準備をしたことで免責許可を受けることができました。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話