倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

ココロノヨリドコロ

HOME > ご相談の実例 > 倒産を決意しなければならない時期について...

倒産を決意しなければならない時期についての相談

相談内容

倒産を決意しなければならない時期について教えてほしい。

 

相談の経緯

倒産を決意しなければならない時期をお教えしています。

倒産を決意しなければならない時期は、資金繰りが破綻して支払不能の状態となった時ではありません。

倒産を決意しなければならない時期の目安は、

  1. 当月、翌月、翌々月の資金繰りの目途が立たなくなった時。
  2. 借入金の返済が滞り銀行からの電話が怖く感じ始めた時。
  3. 取引先への支払が滞り支払催促の電話が怖く感じ始めた時。
  4. 倒産の不安を現実的に感じ始めた時。

* 1~4を感じている方は、倒産を決意しなければならない時期です。

* 1~4を感じていながら、無理を重ねて行くと必ず手遅れの状態になります。

 

相談の要点

* 資金繰りが破綻して支払不能の状態となった時では手遅れです。

* 何が手遅れかといいますと、

  • 手持ち資金が底をつき、「倒産手続き費用」の準備ができません。
  • 手持ち資金が底をつき、「破産申立後に生きて行く為の費用」の準備ができません。

お金の準備ができず何もできなくなります。

お金の準備ができず精神的に追い込まれます。

 

* 倒産を決意しなければならない時期は、完全に支払不能になる前です。

* 倒産を決意しなければならない時期は、ある程度の資金余力がある時期です。

* 倒産を決意しなければならない時期は、精神的に追い込まれる前です。

 

* YTOは、資金余力のつくり方から支援をします。

* YTOは、精神的に追い込まれることにならない支援をします。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話