倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

ココロノヨリドコロ

HOME > ご相談の実例 > 倒産の準備をする時の注意点についての相談

倒産の準備をする時の注意点についての相談

相談内容

  • 倒産の準備をする時の注意点が分かりませんでした。
  • 倒産の準備をする時の注意点を知りませんでした。
  • 倒産の準備で特に注意をすることはないと思っていました。
  • 注意点を知らずに倒産の準備をすると何か問題になるでしょうか。
  • 注意点を知らずに倒産の準備をすると困ったことが起きるでしょうか。
  • 注意点を知らずに倒産の準備をするとどのようなことになるでしょうか。

 

相談の経緯

  • 早い時期から倒産の準備をしたいと思っています。
  • お金に多少の余裕があるうちに倒産の準備をしたいと思っています。
  • 気持ちに多少の余裕があるうちに倒産の準備をしたいと思っています。
  • 早い時期から倒産の準備をしても差支えないでしょうか。
  • 早い時期から倒産の準備をしても問題にならないでしょうか。
  • 早い時期から倒産の準備をする時の注意点があるのでしょうか。
  • 早い時期から倒産の準備をする時の注意点があれば教えて下さい。

 

相談の要点

  • 早い時期における倒産の準備は以下の通りです。
  1. 債権者の確定(※資料・書類の準備)
  2. 負債額の確定(※資料・書類の準備)
  3. 資産の確定(※資料・書類の準備)
  4. 棚卸資産の確定(※資料・書類の準備)
  5. 什器備品の確定(※資料・書類の準備)
  6. 破産申立の手続き(※資料・書類の準備)
  7. 免責申立の手続き(※資料・書類の準備)
  • ただし早い時期から上記の準備をする際、注意しなければならないこともあります。
  • ⇒この倒産の準備が計画倒産を疑われないように注意しなければなりません。
  • ⇒この倒産の準備が計画倒産に当たらないように注意しなければなりません。
  • もし倒産の準備で計画倒産を疑われた場合、破産管財人から計画倒産に当たるか否かの調査を受けます。
  • この調査にはかなりの時間を要するため、結果として破産手続きが長期間化します。
  • もし倒産の準備で計画倒産を疑われた場合、債権者集会で債権者から計画倒産の調査を求められます。
  • この調査にはかなりの時間を要するため、結果として破産手続きが長期間化します。
  • 調査により倒産の準備が計画倒産と認定されて免責不許可事由に該当となれば、免責許可を得ることができなくなる可能性もあります。
  • したがって倒産の準備をする時の注意点は計画倒産にならないように注意をすることです。

 

*YTOは倒産の準備を注意点から支援します。

*YTOは計画倒産にならない倒産の準備を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話