倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

ココロノヨリドコロ

HOME > ご相談の実例 > 計画倒産にならない倒産の準備の仕方につい...

計画倒産にならない倒産の準備の仕方についての相談

相談内容

計画倒産にならない倒産の準備の仕方について教えてほしい。

倒産の決断をした後の倒産の準備が計画倒産にならないかが心配です。

倒産の決断をした後に倒産の準備は何から始めれば良いのかが分かりません。

倒産の決断をした後に倒産の準備を自分で行っても良いのかが分かりません。

倒産の決断をした後に倒産の準備を自分でもできることがあるのでしょうか。

倒産の決断をした後に倒産の準備を弁護士に依頼をすればよいのでしょうか。

倒産の準備を自分で行うと違法行為になるのでしょうか。

倒産の準備で何をしたら計画倒産になるのかが分かりません。

倒産の準備をしても計画倒産といわれないようにする注意点を教えて下さい。

相談の経緯

計画倒産にならない倒産の準備の仕方についてお教えしています。

倒産の決断をした後に倒産の準備はしておくべきです。

倒産の決断をした後に自分でできる倒産の準備から始めるべきです。

倒産の決断をした後に自分でできる倒産の準備を終わらせてから弁護士に相談をするべきです。

ただし、倒産の準備が違法行為となる場合もありますので注意して下さい。

倒産の準備が違法行為となった場合、その違法行為は免責不許可事由となりますので注意して下さい。

 

相談の要点

計画倒産となる倒産の準備があります。

注意して下さい。

計画倒産となる倒産の準備は倒産の決断をした後の倒産直前に行った行為が主にその対象となります。

計画倒産となる倒産の準備は以下の4つです。

  1. 倒産直前に倒産準備として特定の債権者に支払や返済を行う行為。
  2. 倒産直前に倒産準備として返済の意思の無い借入を行う行為。
  3. 倒産直前に倒産準備として支払の意思の無い購入を行う行為。
  4. 倒産直前に倒産準備として財産隠しを行う行為。

①~④は全て免責不許可事由になります。

①は偏頗弁済になります。

②③は詐欺行為になります。

④は破産法違反になります。

この4つを倒産の準備で行わなければ計画倒産にはなりません。

特に破産手続きでの計画倒産等の調査は倒産の決断をした後の倒産直前に行った行為となります。

さらに調査では事業停止の前2ケ月分の個人の生活費の収支確認も行われます。

 

*YTOは計画倒産にならない倒産の準備の仕方を支援します。

*YTOは倒産の決断をした後の倒産直前の倒産の準備を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話