倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

解決事例

HOME > 解決事例 > 愛知県(建設業):負債3億円の解決事例

愛知県(建設業):負債3億円の解決事例

<相談概要>

  • 3か月先に3000万円の資金ショートが確実です。
  • 3か月先までに3000万円の資金を準備することは不可能です。
  • このままだと3か月先に2回目の不渡りを起こしてしまいます。
  • しかし対処の仕方がわからないので困っています。
  • しかし対処の仕方がわからないので悩んでいます。
  • 3か月先に倒産する決意をしても差支えありませんか?

 

<解決方法>

  • 3か月先の倒産を予定しても差支えありません。
  • 3か月先の倒産を決意しても差支えありません。
  • 3か月先の倒産を見越して資金の準備をしても差支えありません。
  • 3か月先の倒産を見越して倒産の準備をしても差支えありません。
  • 3か月先の倒産を見越して倒産後の生活の準備をしても差支えありません。
  • ただし不適切な準備は後々で問題になりますので注意が必要です。

 

<依頼者の声>

  • 3か月先の不渡りを受け入れることにしました。
  • 3か月先に倒産することを決意しました。
  • 3か月先に倒産するため、倒産手続き費用の準備を始めました。
  • 3か月先に倒産するため、倒産手続きの準備を始めました。
  • 3か月先に倒産するため、倒産後の生活の準備を始めました。
  • 3か月先の不渡りを前提とすることで、倒産手続き費用の準備ができました。
  • 3か月先の不渡りを前提とすることで、倒産後の生活費の準備もできました。
  • 3か月先の不渡り社長である私自身だけの判断で、誰にも公言せずに進めたので大きな問題も起きませんでした。
  • 3か月先に倒産する決意ができたことで倒産の準備ができました。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話