倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

解決事例

HOME > 解決事例 > 秋田県(サービス業):負債1億5000万...

秋田県(サービス業):負債1億5000万円の解決事例

<相談概要>

  • 破産申立後の生活費が心配です。
  • 破産申立後に生活費の準備はできないと思います。
  • 破産申立後の生活費を倒産前に準備しても差支えないと聞きました。
  • 破産申立後の生活費はどれくらいまでなら準備をしても差支えないのでしょうか?
  • 破産申立後に仕事で得た給料は生活費に充当できるのでしょうか?
  • 破産申立後の年金手当給付金等は生活費に充当できるのでしょうか?

 

<解決方法>

  • 破産申立をしても生きていくために必要となる生活費を事前に準備して所持することは制限されません。
  • 破産申立をしても生きていくために必要となる生活費を仕事に就いて給料として所得することは制限されません。
  • 破産申立をしても生きていくために必要となる生活費を年金手当給付金から充当することは制限されません。

 

<依頼者の声>

  • 破産申立前、生きていくために必要となる生活費を90万円ほど準備しました。
  • この生活費は弁護士と破産管財人も認めてくれました。
  • 破産申立後、生きていくために必要となる生活費を仕事に就いて給料として得ることにしました。
  • この就職を弁護士と破産管財人も認めてくれました。
  • 破産申立後、生きていくために必要となる生活費に年金手当給付金を充当することにしました。
  • この充当を弁護士と破産管財人も認めてくれました。
  • 破産申立後の生活費が心配でしたが、破産申立前に準備をしても差支えありませんでした。
  • 準備の経緯を具体的に報告して認めてもらいました。
  • 破産申立後の生活費を心配でしたが、仕事で得た給料を充当しても差支えありませんでした。
  • 給料明細を報告して認めてもらいました。
  • 破産申立後の生活費を心配でしたが、年金手当給付金を充当しても差支えありませんでした。
  • 受領明細を報告して認めてもらいました。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話