倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

解決事例

HOME > 解決事例 > 埼玉県(飲食業):負債7500万円の解決...

埼玉県(飲食業):負債7500万円の解決事例

<相談概要>

  • 破産申立をおこない、その手続きをしていました。
  • 破産手続き中に病気になってしまい、入院治療が必要になりました。
  • 破産手続きの対処を後回しにしても大丈夫でしょうか?
  • 破産手続きの対処はどうしたらいいでしょうか?
  • また前年度から大幅に収入が減ったため、入院治療費が用意できずに困っています。
  • 入院治療費が用意できないため、入院もできない状況で困っています。

 

<解決方法>

  • 破産続き中でも健康回復が最優先です。
  • 破産手続きの中断の仕方を弁護士に確認しました。
  • 破産手続きの中断を弁護士に依頼しました。
  • 入院治療費の負担が軽減できる手続きを確認しました。
  • 入院治療費の負担が軽減できるように限度額適用認定証の交付を申請しました。

 

<依頼者の声>

  • 健康回復を最優先させるため、破産手続きを中断しました。
  • 入院治療費の負担を軽減させる手続きを市役所でおこないました。
  • 倒産して健康保険証がなくなった時に国民健康保険に加入する手続きをしていたため、限度額適用認定証の交付を受けることができました。
  • 倒産前年よりまったく収入がなく所得もなしの状態であったことから、住民税非課税世帯として限度額適用認定証の交付を受けることができました。
  • 入院治療に95万円ほどかかりましたが、実際の入院治療費は35400円(+食事代)の負担で済みました。
  • 倒産をして破産の手続き中であることから生活費もままならない状況でしたが、限度額適用認定証の制度を利用したことで入院治療ができました。
  • 倒産してお金がないので入院治療を諦め、生きることも諦めていましたが、お金がなくても入院治療を受ける方法がありました。
  • お金がなくても入院治療ができたので死なずに済みました。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話