倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

ココロノヨリドコロ

HOME > ご相談の実例 > 倒産手続き費用はどのようにして決まるのか...

倒産手続き費用はどのようにして決まるのか教えて下さい。

相談内容

倒産手続き費用はどのようにして決まるのか教えてほしい。

 

相談の経緯

倒産手続き費用がどのようにして決められて行くのかをお教えしています。

 

倒産手続き費用は①~③の合計金額となります。

① 破産申立予納金(裁判所に納める費用)

② 弁護士費用

③ 弁護士実費(書類作成費、郵送費、裁判所等への出張費 等々 )

 

①の破産申立予納金は、債務総額により基準の金額があり定められます。

(裁判所によりその金額には前後があります。)

(債務者の状況により裁判所と相談の余地があります。)

②の弁護士費用は、債務総額・債権者数 等により定められます。

(弁護士によりかなり前後があります。)

③の弁護士実費は、書類作成の時間と難易度 等により定められます。

(弁護士によりかなり前後があります。)

 

* ①の破産申立予納金は基準をもとに弁護士が裁判所との協議により定められます。

 

* 倒産手続き費用(①~③の合計金額)は、相談をする弁護士によりかなり違いがでます。

複数の弁護士に相談した場合、それぞれ違う金額を教えられます。

安ければ必ずしも良いと言うことではありませんが、かなりの違いがあります。これが現実です。

 

相談の要点

  • 倒産手続き費用は、裁判所により決められる訳ではありません。相談をする弁護士により決められることとなります。
  • 比較的安く債務者の事情を勘案して倒産手続き費用を決めてくれる弁護士を選ぶことが重要です。

* YTOは、債務者の事情を勘案してくれる弁護士を選ぶ方法をお教えしています。

* YTOは、倒産手続き費用を弁護士と相談をする方法をお教えしています。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話