倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

解決事例

HOME > 解決事例 > 福島県(サービス業):負債8000万円の...

福島県(サービス業):負債8000万円の解決事例

<相談概要>

  • 滞納処分を受けた為、手持ち資金が自由に使えなくなりました。
  • 滞納処分で差押えをされた為、手持ち資金が自由に使えなくなりました。
  • 銀行口座を差押えされました。
  • 売掛金を差押えされました。
  • 生命保険を差押えされました。
  • 当座の資金が使えないので困ったことになりました。
  • 当座の支払ができなくなり困ったことになりました。
  • 経営継続が難しい状況になってしまいました。

 

<解決方法>

  • 差押えをされていない銀行口座を確認しました。
  • 差押えをされていない売掛金を確認しました。
  • 差押えをされていないその他資産を確認しました。
  • 差押えをされていない資産がどのくらいの金額になるかを確認しました。
  • 差押えをされていない資産の換金にどのくらいの期間が必要かを確認しました。

 

<依頼者の声>

  • 滞納処分の差押えで経営継続が困難になりました。
  • 経営継続が困難な状況なので倒産(破産申立)を決断しました。
  • 差押えを免れた売掛金その他資産で倒産(破産申立)することを決断しました。
  • 滞納処分を進められている状況下で倒産の準備を行いました。
  • 滞納処分を進められている状況下で倒産後の生活の準備を行いました。
  • 滞納処分を進められている状況下で破産申立免責申立を行いました。
  • 思い切って倒産(破産申立)の決断をしたことで、差押えを免れた売掛金その他資産を次に差押えをされる前に換金することができました。
  • 滞納処分の金額が1000万円以上あったことから思い切って倒産(破産申立)の決断をしましたが、この判断が良かったと思います。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話