倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

解決事例

HOME > 解決事例 > 新潟県(小売業):負債1億3000万円の...

新潟県(小売業):負債1億3000万円の解決事例

<相談概要>

  • 破産申立の手続き費用の捻出で苦労しています。
  • 裁判所から売掛債権の差押え命令を通知されています。
  • 裁判所から特定預金口座の差押え命令を通知されています。
  • 売上金の減少のなかで差押えもされ、破産申立の手続き費用を捻出する予定が立たない状況になっています。
  • どのように破産申立費用を捻出したらいいかで悩んでいます。
  • どのように破産申立費用を捻出したらいいかを教えて下さい。

 

<解決方法>

  • 差押をされた資金以外の資産状況を確認しました。
  • 捻出可能な既存資金を確認しました。
  • 捻出可能な調達資金を確認しました。
  • 捻出可能な資金を準備できるまでの期間を確認しました。
  • 捻出可能な資金の総額を確認しました。

 

<依頼者の声>

  • 破産申立の手続き費用の捻出を諦めかけていました。
  • しかし破産申立の手続き費用の捻出を諦めなかったことで、何とか資金の捻出ができました。
  • しかし破産申立の手続き費用の捻出を諦めなかったことで、時間は掛かりましたが資金の捻出ができました。
  • しかし破産申立の手続き費用の捻出を諦めなかったことで、さらなる債権者からの取立に苦労はしましたが資金捻出ができました。
  • 裁判所からの売掛債権の差押えで資金捻出の予定が立たなくなりましたが、諦めなかったことで何とかなりました。
  • 裁判所からの特定預金口座の差押えで資金捻出の予定が立たなくなりましたが、諦めなかったことで何とかなりました。
  • 諦めずに資金捻出の努力をしたことで何とかなりました。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話