倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

ココロノヨリドコロ

HOME > ご相談の実例 > コロナ関連融資を受けた後に倒産した時の心...

コロナ関連融資を受けた後に倒産した時の心配についての相談

相談内容

  • コロナの影響で経営状況が急激に悪化していました。
  • コロナの影響でこの4か月売上がほとんどありませんでした。
  • コロナの影響で運転資金が底をついてしまいました。
  • 持続加給付金で当面の資金繰りを凌いでいました。
  • コロナ関連融資で当面の資金繰りを凌いでいました。
  • もう凌ぎきれない状況です。
  • 倒産を考えなければならない状況です。
  • 倒産をしたら問題になるか教えて下さい。

 

相談の経緯

  • 持続加給付金の給付を受けた後の倒産が問題になりそうで心配です。
  • コロナ関連融資を受けた後の倒産が問題になりそうで心配です。
  • 問題になるか教えて下さい。
  • 問題にならない倒産の仕方があれば教えて下さい。
  • 倒産が問題になるのであれば対処の仕方を教えて下さい。

 

相談の要点

  • 持続加給付金とコロナ関連融資を受けた後に倒産をしたからと言って直ちに問題になることはありません。
  • 持続加給付金の使途とコロナ関連融資金の使途が目的外の使途でないのであれば特に問題になることはありません。
  • ただし持続加給付金とコロナ関連融資を目的外に使っていたり、返済の意思が無いのにコロナ関連融資を受けた場合ば問題になります。
  • 持続加給付金とコロナ関連融資金を経営継続の資金として使っているのであれば問題になることはありません。
  • 頑張って経営継続の努力をしても倒産に至ってしまうことはあります。
  • 給付と融資を受けた後に倒産に至ってもやむを得ないこともあります。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話