倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

よくあるご質問

HOME > よくあるご質問 > 破産手続き期間を短くする方法はありますか...

破産手続き期間を短くする方法はありますか。

  • 破産手続き期間を短くするためのポイントは以下の①~③です。
  • ①弁護士との法律相談の期間を短期間で完了させる。
  • ②弁護士との破産申立の準備期間を短期間で完了させる。
  • ※事前に破産申立に必要となる資料を準備すること。
  • ※事前に破産申立に必要となる書類を準備すること。
  • ①と②の準備を短期間で完了できれば早く破産申立ができます。
  • ちなみに①と②の準備期間が事業停止から6ヶ月以上かかる場合もあります。
  • この場合①と②の準備期間中に精神的に苦しい状況に追い込まれます。
  • 注意して下さい。
  • ③破産管財人との事情聴取の期間を短期間で完了させる。
  • 破産申立資料を完璧に準備すること。
  • 破産申立書類を完璧に準備すること。
  • ③の準備を短期間で完了できれば破産管財人との事情聴取の期間も短期間で済みます。
  • 債権者集会もスムーズに進行します。
  • 破産手続きは裁判所の手続きのためその手続きにかかる期間を短くすることは難しいです。
  • しかし①~③の準備期間を短縮することは可能です。
  • ①~③の準備期間を短縮することで破産手続きに入るまでの期間はかなり短縮できます。
  • 破産手続きに入るまでの①~③の準備期間を短縮できれば相対的に破産手続き期間も短くなります。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話