倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

解決事例

HOME > 解決事例 > 石川県(卸売業):負債総額 1億3,00...

石川県(卸売業):負債総額 1億3,000万円 の解決事例

<相談の概要>

公正証書により債務の支払を約束しています。
公正証書には強制執行の条文が入っています。
強制執行の対処をどのようにしたらよいか分からず困っています。
強制執行をされると倒産手続き費用を準備することができなくなります。
公正証書による強制執行の対処をしながら倒産手続きを進める方法を教えて下さい。

<解決の結果>

公正証書による強制執行の対策

  • 期限の利益喪失の時期が強制執行の時期となりますので、その時期までに「破産申立・免責申立」ができるように倒産準備を急ぎました。
  • 倒産準備を2週間で完了させました。

公正証書による強制執行を解決

  • 「破産申立」を公正証書による強制執行の期日より前に行うことで、強制執行を一時的に止めることができました。
  • 「免責申立」の許可を得ることで、強制執行を無効にすることができました。

<依頼者の声>

公正証書による強制執行が行われれば、倒産手続き費用を準備することができなくなるところでした。
公正証書による強制執行が行われる前に「破産申立・免責申立」をすることで解決できました。
YTOに支援を頂き2週間で倒産準備を完了させて「破産申立・免責申立」をすることができました。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話