倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

ココロノヨリドコロ

HOME > ご相談の実例 > 倒産の不安・恐怖心に負けずに倒産手続きを...

倒産の不安・恐怖心に負けずに倒産手続きを進める方法についての相談

相談内容

倒産の不安、恐怖心に負けずに倒産手続きを進める方法を教えてほしい。

 

相談の経緯

倒産の不安、恐怖心に負けずに倒産手続きを進める方法をお教えしています。

倒産の不安、恐怖心は決断が遅くなるほど大きくなります。

倒産の不安、恐怖心は「決断をせずに、行動をせずに、時間だけが経過をすると」取り返しのつかない精神的な重圧に変わってしまいます。

 

「このままでは資金繰りは破綻をしてしまう。」

「このままでは家、車、財産を失ってしまう。」

「このままでは家族の生活を守れなくなってしまう。」

「でも、今の債権者の取立を何とかしなければ。」

「でも、何とかお金の工面をしなければ。」

「でも、何とか今月の支払を乗り越えなければ。」

これが、倒産を決断する前の経営者の心の声です

 

この心の声で悩んでいる間は客観的な行動はできません。その場しのぎの行動になってしまいます。

この心の声で悩んでいる間は、倒産の決断はできません。

この心の声で悩んでいる間は、資金の流出を繰り返してしまいます。

この心の声で悩んでいる間は、倒産の不安と恐怖心の解決はできません。

 

この心の声で悩むのをやめて、お金を有意義に家族のために使うことを決断して下さい。

家族のために会社に区切りを付ける決断、これが手遅れにならない倒産の決断です。

この決断の仕方で気持ちが割り切れるはずです。

この決断の仕方ができれば「倒産の不安と恐怖心」は必ず解決します。

家族のためなら苦しいことにも耐えられるからです。

 

相談の要点

経営者の方が「資金繰りの展望の無さ」「債権者の取立の問題」等々の手詰まり感を一番分かっているはずです。

分かっていながら決断をしなければ必ず手遅れになってしまいます。

分かっていながら「決断をせずに、行動をせずに、時間だけを浪費すれば」資金を流出し取り返しの付かない事態に陥ってしまいます。

 

分かっているならば倒産の決断をすることです。

どこかで倒産の決断をしなければならなくなります。

どこかで倒産の決断をするのなら早いうちにするべきです。

家族のためにお金を使える段階で倒産の決断をするべきです。

 

倒産前に苦労をして、厳しい取立をする一部の債権者に支払いをすることに意味は全くありません。この無意味なことに苦労をすることは止めるべきです。

これは、単なる資金流出です。

このお金を「倒産手続き費用」と「家族の生活費」に使うべきです。

このお金の使い方は違法ではありません。

裁判所より罰せられることもありません。

管財人の調査対象になることもありません。

免責不許可事由に該当することもありません。

  • YTOは、倒産の不安と恐怖心に負けない倒産手続きを支援します。
  • YTOは、手遅れにならない倒産の決断の仕方を支援します。
  • YTOは、合法的に家族の為にお金を使う方法を支援します。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話