倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

ココロノヨリドコロ

HOME > ご相談の実例 > 資金に余力のあるうちに倒産する方法につい...

資金に余力のあるうちに倒産する方法についての相談

相談内容

  • 倒産の時期を見極めることが出来ずに悩んでいます。
  • 倒産の時期の決断が出来ずに悩んでいます。
  • 資金に多少の余力はありますが倒産の決断が出来ずに悩んでいます。
  • 資金に多少の余力のあるうちに倒産をしても差支え無いのでしょうか。
  • 資金に多少の余力のあるうちに倒産をする為の準備の仕方が分かりません。
  • 資金に多少の余力のあるうちに倒産をする方法が分かりません。
  • 資金に多少の余力のあるうちに倒産をする方法を教えて下さい。

 

相談の経緯

  • 資金に多少の余力のあるうちに倒産を考えるべきでしょうか。
  • 資金に多少の余力のあるうちに倒産の準備を始めるべきでしょうか。
  • 悩んでいるうちに債権者からの取立が起きてしまいました。
  • 悩んでいるうちに債権者からの未払い残金請求訴訟を起こされてしまいました。
  • 悩んでいるうちにキャッシュアウトが起きてしまいました。
  • 資金に多少の余力のあるうちに倒産手続き費用を捻出する方法を教えて下さい。
  • 資金に多少の余力のあるうちに倒産準備をする方法を教えて下さい。

 

相談の要点

  • 資金に余力のあるうちに倒産手続き費用の準備をするべきです。
  • 資金に余力のあるうちに倒産後の生活環境の準備をするべきです。
  • 資金に余力のあるうちに倒産後の生活費の準備をするべきです。
  • 資金の捻出の仕方を間違えなければ問題ありません。
  • 資金の使い方を間違えなければ問題ありません。
  • 資金の捻出の仕方使い方を間違えなければ免責不許可事由に当たることはありません。
  • 破産管財人から問題視されることもありません。
  • 資金に余力のあるうちに倒産しても違法行為になる訳ではありません。
  • 資金に余力のあるうちに倒産することで倒産の苦労は軽減できます。
  • 資金に余力のあるうちに倒産することで倒産の心配は軽減できます。
  • 資金に余力のあるうちに倒産することで倒産の不安は軽減できます。
  • 資金に余力のあるうちに倒産することで家族を守る準備が可能となります。
  • 資金に余力のあるうちに倒産することが再起の近道になります。
  • 資金に余力のあるうちに倒産しても違法行為になる訳ではありません。
  • 資金に余力のあるうちに勇気をもって倒産を考え始めるべきです。
  • 資金に余力のあるうちに勇気をもって倒産準備を始めるべきです。
  • 資金に余力のあるうちに勇気を持って倒産を決断するべきです。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話