倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

ココロノヨリドコロ

HOME > ご相談の実例 > 倒産後の生活の準備についての相談

倒産後の生活の準備についての相談

相談内容

  • 倒産後の生活が心配です。
  • 倒産後の生活の準備ができず不安です。
  • 倒産後の住居の準備の仕方が分かりません。
  • 車がないと生活できないが、倒産後の車の準備の仕方が分かりません。
  • 倒産後の生活費の準備の仕方が分かりません。
  • 倒産後に生活をして行く方法が分かりません。

 

相談の経緯

  • 倒産後の生活の準備の仕方をお教えしています。

  • 倒産後の住居の準備の仕方をお教えしています。
  • 倒産後の車の準備の仕方をお教えしています。
  • 倒産後の生活費の準備の仕方をお教えしています。

 

相談の要点

  • 倒産後の生活の準備は事前に行うべきです。
  • 倒産後に生きて行くことを否定される訳ではありません。
  • 違法行為にならないように倒産後の生活の準備を行うことに問題はありません。
  • 倒産後に住居の明渡しを求められる場合、事前に倒産後の住居の準備が必要です。
  • ただし準備の仕方には注意点があります。
  1. 賃貸住宅の契約名義人を明確にする(申立人でも可能)
  2. 賃貸住宅の家賃の適切妥当性を明確にする
  3. 賃貸住宅の契約金(礼金・敷金・前家賃)の出どころを明確にする
  4. 賃貸住宅の火災保険の加入を明確にする

 

  • 倒産後に車がなければ生活が成り立たない場合には事前に準備をしておくべきです。
  • 既存の車の明渡しを求められる場合、事前に倒産後に使用する車の準備をしておくことが必要です。
  • ただし準備の仕方には注意点があります。
  1. 車の所有名義人を明確にする(申立人は避けるべきです)
  2. 車所有の適切妥当性を明確にする
  3. 車購入の費用の出どころを明確にする
  4. 自動車保険の加入を明確にする

 

  • 倒産後の生活費の準備をしておくことが必要です。
  • 倒産後に無一文では生活が出来ませんから一定額の準備は認められます。
  • ただし準備の仕方には注意点があります。
  1. 生活費として認められる手持ち金は99万円まで
  2. 手持ち金(99万円)の出どころを明確にする
  3. 手持ち金(99万円)が差押えられないよう準備する

 

*YTOは倒産後の生活の準備を支援します。

*YTOは倒産後の生活の不安解決を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話