倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

よくあるご質問

HOME > よくあるご質問 > 破産申立後に賃貸住宅の契約はできますか?

破産申立後に賃貸住宅の契約はできますか?

  • 破産申立をすると借入等の担保となっている住宅は担保権者に引き取られることになります。
  • これらの住宅に住んでいる場合は破産申立後の住宅を準備する必要があります。
  • しかし破産申立後は賃貸住宅の契約ができなる可能性があります。
  • 破産申立後の賃貸住宅の契約において個人情報の確認をされることがあるからです。
  • 破産申立をすると個人情報=ブラックとなるからです。
  • 破産申立をする場合、破産申立前に賃貸住宅の契約等の準備を行っておく必要があります。
  • 破産申立をする場合、破産申立前に住宅の確保をしておく必要があります。
  • 破産申立前であれば賃貸住宅の契約をして破産申立後の住宅を確保をしても問題にはなりません。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話