倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

解決事例

HOME > 解決事例 > 大阪府(製造業):負債総額 2億3,50...

大阪府(製造業):負債総額 2億3,500万円 の解決事例

<相談の概要>

倒産手続き費用を500万円準備しましたが、弁護士からは700万円を準備するよういわれました。
500万円の準備金額を、倒産手続き費用と家族の生活費の両方に充当したいと思っていました。
どうしたら良いのでしょうか。

<解決の結果>

倒産手続き費用捻出の不安解決

  • 400万円まで安くなりました。

準備できる全ての金額を弁護士に話をしてはいけません。
その金額が倒産手続き費用の基準となってしまいます。

倒産後の生活費捻出の不安解決

  • 100万円の費用捻出ができました。

倒産手続き費用の不安解決

  • 破産申立予納金が100万円安くなりました。
  • 弁護士費用が100万円安くなりました。
  • 弁護士実費が100万円安くなりました。

倒産の不安解決

  • 倒産支援の開始より30日で弁護士受任となりました。
  • 倒産後の生活費も50万円余分に捻出ができました。

<倒産支援のアドバイス>

倒産手続きに準備ができる金額を弁護士に話をしてはいけません。
話をした金額は全額失うこととなります。

準備をした金額を、合法的に倒産手続き費用と家族の生活費に充当することは可能です。
また、弁護士にいわれた倒産手続き費用も合法的に安くすることができます。
弁護士から最初にいわれる倒産手続き費用は、あくまでも裁判所が定める基準です。
基準には巾があります。安くできる可能性があります。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話