倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

専門用語集

HOME > 専門用語集 > は行 > 粉飾決算

粉飾決算

粉飾決算とは、会社が正規の会計処理の基準に従わず、故意に財務諸表の内容をゆがめ、利益または損失を過大もしくは過小に表示して決算することです。

企業の経営状況をよく見せるために決算内容の数値をごまかして決算することです。

 

粉飾決算について知っておきたいこと

倒産寸前にもかかわらず、決算の粉飾で企業内容が健全であるかのように見せかけて金融機関から借入をしている企業があります。

粉飾決算による借入は詐欺に当たります。倒産手続きにおいて注意が必要です。

 

YTOからのアドバイス

粉飾決算による金融機関からの借入は詐欺に当たります。当然、免責不許可事由に該当します。

免責不許可事由と判定をされると借入金は免責になりません。金融機関に返済をする義務を負うこととなります。場合によっては刑事責任を追及されることとなります。

粉飾決算の問題がある方は、弁護士に相談する前にYTOに相談して下さい。

弁護士に相談をする前の準備が必要です。

 

YTOの支援

  • YTOは、破産手続きのなかで粉飾決算の問題を軽減できるように支援します。
  • YTOは、免責不許可事由に該当することなく免責許可が得られるように倒産準備の段階から支援します。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話