倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 免責不許可事由に該当しない倒産手続き費用...

免責不許可事由に該当しない倒産手続き費用の準備が必要でした。

  • 倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。
  • 免責不許可事由に該当しない倒産手続き費用の準備が必要でした。

 

  • 倒産手続き費用の準備で苦労をしました。
  • 倒産手続き費用の準備の仕方で苦労をしました。
  • 倒産の決断が遅れて倒産手続き費用の準備が難しくなっていたからです。
  1. 借入金を倒産手続き費用に充当することの問題を知りませんでした。
  2. 契約金を倒産手続き費用に充当することの問題を知りませんでした。
  3. 手形割引金を倒産手続き費用に充当することの問題を知りませんでした。
  4. ファクタリング資金を倒産手続き費用に充当することの問題を知りませんでした。
  • 上記の借入金・契約金・手形割引金・ファクタリング資金を倒産手続き費用に充当すると、免責不許可事由に該当する場合があることを知りませんでした。

 

お伝えをしたいこと

  • 倒産手続き費用の準備の仕方には特に制限はありません。
  • 倒産手続き費用の準備の仕方は合法的でなければなりません。
  • 倒産手続き費用の準備の仕方に疑義があれば調査されることがあります。
  • 倒産手続き費用の準備には注意をしなければならないことが2点あります。
  1. 倒産手続き費用が合法的に準備されているか。
  2. 倒産手続き費用の出どころに不審点がないか。
  • 注意1と注意2に対する疑義がある場合、免責不許可事由に該当するか否かの調査対象になることがあります。
  • 注意が必要です。

 

お教えをしたいこと

  • 注意が必要になる倒産手続き費用の準備の仕方があります。
  1. 借入金を倒産手続き費用に充当する場合。
  2. 契約金を倒産手続き費用に充当する場合。
  3. 手形割引金を倒産手続き費用に充当する場合。
  4. ファクタリング資金を倒産手続き費用に充当する場合。
  • 等々です。
  • 上記の費用を倒産手続き費用に充当する場合、詐欺的な行為がなかったか否かが問われることになります。
  • 詐欺的行為と認定された場合、免責不許可事由に該当することになります。
  • 免責不許可事由に該当すると免責が認められなくなります。
  • 注意が必要です。

 

私の教訓

  • 免責不許可事由に該当しない倒産手続き費用の準備には注意点がありました。
  1. 倒産手続き費用の準備では費用を合法的に準備をすること。
  2. 倒産手続き費用の準備では費用の出どころを明らかにすること。
  • この2点が明らかであれば詐欺的と疑われることはありません。
  • この2点が明らかであれば免責不許可事由に該当することはありません。
  • もっとも、倒産手続き費用の準備ができなくなる前に倒産の決断をしていれば、倒産手続き費用の準備で苦労することはありませんでした。
  • 手遅れになる前に倒産の決断をしていれば、倒産手続き費用の準備は現金預金資産売却金親族からの支援金売掛金等々から無理なく準備ができました。

 

*YTOは倒産手続き費用の悩みの解決を準備から支援します。
*YTOは倒産手続き費用の合法的な準備を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話