倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

ココロノヨリドコロ

HOME > ご相談の実例 > 倒産の決断の基準・仕方についての相談

倒産の決断の基準・仕方についての相談

相談内容

  • 倒産の決断の基準が分からず不安です。
  • 倒産の決断をしなければならない状況が分かりません。
  • 倒産の決断をしなければならない時期が分かりません。
  • 倒産の決断をした後の対処の仕方が分かりません。
  • 先々のことが怖くて倒産の決断ができません。
  • 恐怖から倒産の決断から逃げているのかもしれません。
  • 倒産の決断の仕方を教えて下さい。

相談の経緯

  • 倒産の決断の仕方をお教えしています。

  • 方法が分からず倒産の決断が遅くなってしまった時のリスクをお教えしています。
  • そのリスクとは倒産の決断の後の苦労がさらに大きくなってしまうことです。
  • これにより倒産の決断がさらにできなくなってしまいます
  • これにより倒産後の再起が遅れてしまいます
  • これにより倒産の決断の怖さがより大きくなってしまいます
  • これらのリスクは”倒産の決断”の仕方を知ることで回避できます。

 

相談の要点

  • 倒産の決断の仕方は状況時期から判断できます。
  • これらが倒産の決断をする上での指標となります。
  • 具体的には…
  1. 3か月先までの資金繰りが破綻しているか否か“から判断して下さい。
  2. 今の手持ち資金がいつまで維持できるか“から判断して下さい。
  3. 債権者の取立の状況“から判断して下さい。
  4. 経営者の経営継続の意思が揺らいでいるか否か“から判断して下さい。
  • ①~④の不安が生じている場合には倒産の決断をする時です。
  • ①~④の不安を放置していると…倒産の決断ができなくなります。
  • ①~④の不安を放置していると…キャッシュアウトが進行してしまいます。
  • ①~④の不安を放置していると…支払い不能状況に陥り取立が起こります。
  • ①~④の不安を放置していると…破産申立の費用の準備ができなくなります。
  • ①~④の不安を放置していると…破産申立ができなくなります。
  • ①~④の不安を放置していると…倒産後の家族の生活が守れなくなります。
  • ①~④の不安を放置していると…倒産後の再起ができなくなります。
  • ①~④の不安が生じているか否かを客観的に判断して下さい。
  • ①~④の不安が生じている場合には倒産を決断する時期と考えて下さい。
  • ①~④の不安が生じているか否かを見極めることが”倒産の決断の基準“になります。
  • 勇気を持って”倒産の決断の基準“と向き合うことが重要です。

 

*YTOは”倒産の決断の基準”をお教えしています。

*YTOはリスクの少ない”倒産の決断の仕方”をあなたと一緒に考えます。

*YTOはあなたの家族を守れる”倒産の決断の仕方”をあなたと一緒に考えます。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話