倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

ココロノヨリドコロ

HOME > ご相談の実例 > 倒産準備の具体的な内容と手順についての相...

倒産準備の具体的な内容と手順についての相談

相談内容

倒産準備の具体的な内容を教えてほしい。

倒産準備の具体的な手順を教えてほしい。

倒産準備で具体的に何を準備すればよいのかが分かりません。

倒産準備で準備を行う手順も分かりません。

倒産準備の内容と手順が分かりませんので準備のしようがありません。

倒産準備は自分で行うべきなのでしょうか。

倒産準備は弁護士に行ってもらうべきなのでしょうか。

倒産準備について何も分かりませんので教えて下さい。

相談の経緯

倒産準備の具体的な内容をお教えしています。

倒産準備の具体的な手順をお教えしています。

倒産準備は自分で行うことが必要です。

倒産準備を自分で行ってから弁護士に相談すると手続きが早く進みます。

倒産準備を自分で行うことが早く受任通知を発送することにつながります。

倒産準備を自分で行うことが早く破産申立を行なうことにつながります。

倒産準備を自分で行うことが倒産手続き費用を安くすることにつながります。

 

相談の要点

倒産準備の具体的な内容は以下となります。

  1. 債権者情報(買掛・借入・未払公租公課など)の整理
  2. 債務金額情報(最終残高・最終支払日・使途など)の整理
  3. 手形・小切手情報(受取情報・振出情報)の整理
  4. 資産情報(預貯金、保険、不動産、有価証券、等)の整理
  5. 家計情報(直近2ケ月の家計収支)の整理
  6. 陳述内容(倒産に至る経緯・弁護士への報告事項)の整理

①~⑥を証明する書類(請求書・契約書・預金通帳2年分・不動産登記簿謄本・証券など)の準備も必要となります。

倒産準備の具体的な手順は以下となります。

  1. 倒産後の生活費の準備
  2. 倒産後の生活基盤の準備
  3. 倒産手続き費用の準備
  4. 倒産の具体的な内容(①~⑥)の準備
  5. 従業員解雇の準備
  6. 弁護士法律相談の準備
  7. 事業停止の準備。

①~③は倒産の決意をした後に行うことが必要です。

①~③は倒産の決意の前に行うと誤解を招くことになりますので注意が必要です。

違法行為とならないように注意が必要です。

 

相談の要点

倒産準備の具体的な内容、倒産準備の具体的な手順、にしたがい準備することが倒産の準備です。

倒産の準備は計画倒産とは異なります。

倒産の準備は自分で行うことが必要です。

弁護士に頼む必要はありません。

倒産の準備を行うことで倒産手続きを早く進めることが可能となります。

倒産の準備を行うことで倒産手続き費用を安くすることが可能となります。

倒産の準備を行うことで倒産手続きを安心して進めることが可能となります。

 

*YTOは倒産の準備の具体的な内容をお教えしています。

*YTOは倒産の準備の具体的な手順をお教えしています。

*YTOは倒産の準備を具体的な内容・具体的な手順から支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話