倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 倒産の決断は客観的にするべきでした。

倒産の決断は客観的にするべきでした。

倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。

倒産の決断は客観的にするべきでした。

 

倒産の決断はなかなかできません。

決断を躊躇してしまいます。

後になって考えてみると「あの時に決断をしておけばよかった。」「あの時に躊躇をしなければよかった。」と思います。

一人で考えていても倒産の決断はなかなかできませんでした。

 

その結果、手遅れになりました。

なにが手遅れになるかというと「お金」です。

倒産手続き費用の捻出ができなくなりました。

家族の生活を守る費用の捻出ができなくなりました。

 

倒産の決断は

「お金」の捻出ができるうちにするべきでした。

「家族の生活を守れる時期」にするべきでした。

倒産の決断は客観的にするべきでした。

 

お伝えをしたいこと

倒産の決断は客観的にして下さい。

「お金」の捻出ができるうちにして下さい。

躊躇すると必ず手遅れになります。

 

お教えをしたいこと

倒産の決断は支払い不能になる2ケ月前にするべきです。

支払不能になる2ケ月前なら「お金」の準備ができます。

「家族の生活」も守れます。

 

私の教訓

* 倒産の決断は客観的にするべきでした。

* 倒産の決断を躊躇してはいけませんでした。

* 倒産の決断は支払不能になる2ケ月前でした。

* 倒産の決断を支払不能になる2ケ月前にしていれば「倒産手続き費用」「家族の生活を守る費用」の捻出ができました。

* 支払不能2ケ月前の判断(その時期の判断)ができない場合、YTOにご連絡下さい。私共が判断の手助けをいたします。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話