倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 破産申立後の準備が何もできていませんでし...

破産申立後の準備が何もできていませんでした。

倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。

破産申立後の準備が何もできていませんでした。

 

破産申立後の生活ができません。

住居を失いました。

車を失いました。

子供の学費が払えません。

生活費がありません。

破産申立後、もっと苦しい現実が待っていました。

 

これからどうやって生きて行けば良いのか。

途方に暮れました。

破産申立後の準備をしていなかったからです。

破産申立の準備と同時に、

破産申立後に生きて行く為の準備をするべきでした。

 

お伝えをしたいこと

① 破産申立の準備と同時に、家族が破産申立後に生きて行く為の準備が必要です。

  • 生活費の準備が必要です。
  • 住居の準備が必要です。
  • 車の準備が必要です。
  • 子供の学費の準備が必要です。
  • 再起、再就職の準備が必要です。

* 生きて行く為の生活基盤の準備が必要です。

② 手元に資金があるうちに、破産申立後に生きて行く為の準備をして下さい。

  • 生きて行く為の準備をすることは違法ではありません。
  • 法律は、あなたとあなたの家族が生きて行く為の準備をすることをとがめることはありません。

 

お教えをしたいこと

① 破産申立後に生きて行く為の準備をする時期をお教えします。

② 破産申立後に生きて行く為の準備の仕方をお教えします。

③ 合法的な準備の仕方があります。

 

私の教訓

* 手元に資金があるうちに破産申立後に生きて行く準備をするべきでした。

* 手元に資金があるうちに破産申立後に生きて行く準備をしていれば、家族をこんなに苦しめずに済みました。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話