倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 倒産回避を頑張った事が資金流出につながり...

倒産回避を頑張った事が資金流出につながりました。お金を失う原因でした。

倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。

倒産回避を頑張った事が資金流出につながりました。お金を失う原因でした。

 

経営者の責任として倒産回避を頑張りました。

倒産回避を頑張れば頑張るほど資金流出をする結果となりました。

気が付いたときにはお金を失っていました。

手遅れでした。

倒産手続き費用の捻出ができない状況になっていました。

倒産後の家族の生活費も捻出できない状況になっていました。

倒産回避を頑張った事は経営者の判断として間違いでした。

倒産回避を頑張るよりも、もっと早く倒産の決断をするべきでした。

 

お伝えをしたいこと

倒産回避を頑張れば頑張るほど資金流出をする結果となります。

倒産回避を頑張れば頑張るほど倒産の決断時期が遅くなります。

3ケ月先から6ケ月先の資金繰りの目途が立たない場合、倒産回避を頑張ると全くお金の無い状況に追い込まれます。

倒産回避を頑張る前に冷静に判断することが経営者の責任です。

 

お教えをしたいこと

経営者の責任として倒産回避を頑張る前に冷静に判断する事が必要です。

冷静に判断をする内容は以下の①~⑤となります。

  1. 倒産回避を頑張った場合の資金流出金額について。
  2. 資金流出後にお金がいくら残るかについて。
  3. 資金流出をしても倒産手続き費用の捻出ができるか否かについて。
  4. 資金流出をしても倒産後の家族の生活費の捻出ができるか否かについて。
  5. 資金流出をした後でも倒産の決断ができる状況であるか否かについて。

①~⑤に不安がある場合には倒産回避を頑張ることに意味がありません。

 

私の教訓

倒産回避を頑張れば頑張るほど資金流出が止まらなくなります。

倒産回避を頑張らなければと思うようになった時はもう赤信号です。

倒産回避を頑張らなければと思うようになった時が倒産を決断する時期です。

倒産回避を頑張るよりもその先を考えることが経営者の責任です。

破産申立・免責申立を法律に従い行うことも経営者の取るべき責任です。

資金流出をさせなければ倒産手続き費用の捻出は容易にできます。

資金流出をさせなければ倒産後の家族の生活費は合法的に捻出できます。

資金流出をさせなければ再起の為の倒産準備が容易にできます。

倒産回避を考えるよりも『あなたの家族のこと』『あなたの再起のこと』を考えるべきです。

 

*YTOは資金流出をさせない倒産準備を支援します。

*YTOはあなたの家族が不幸にならないように支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話