倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

よくあるご質問

HOME > よくあるご質問 > 粉飾決算は免責不許可事由に当たりますか?

粉飾決算は免責不許可事由に当たりますか?

粉飾決算の程度によります。
粉飾決算を行った理由によります。
粉飾決算をもとに出資を募った場合粉飾決算をもとに多額の借入を行った場合には免責不許可事由に当たる場合もあります。
粉飾決算が必ず免責不許可事由に当たる訳ではありません。
粉飾決算を行わななければならなかった理由を正直に破産管財人に説明して下さい。(※事前に弁護人に報告し相談して下さい。)
免責不許可の判断ではなく、破産管財人による裁量免責(事実上の免責)の判断となる場合が多々あります。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話