倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

解決事例

HOME > 解決事例 > 兵庫県(建築業):負債総額2億5,000...

兵庫県(建築業):負債総額2億5,000万円の解決事例

<相談の概要>

倒産手続き費用が300万円不足して困っています。
手持ち資金もありません。300万円の捻出の仕方を教えて下さい。
倒産後の家族の生活費もありません。どうしたら良いか教えて下さい。

<解決の結果>

倒産手続き費用捻出の不安解決

  • 300万円の費用捻出ができました。

事務所賃貸の保証金。生命保険の返戻金。損害保険の返戻金から捻出ができました。

手持ち資金がなくても、倒産手続き費用を捻出する方法があります。

倒産後の生活費捻出の不安解決

  • 150万円の費用捻出ができました。

倒産手続き費用の不安解決

  • 破産申立予納金が100万円安くなりました。
  • 弁護士費用が50万円安くなりました。
  • 弁護士実費が50万円安くなりました。

倒産の不安解決

  • 倒産支援の開始より40日で弁護士受任となりました。
  • 銀行の返済取立ての対応は5日で解決できました。
  • 債権者の支払取立ての対応は7日で解決できました。
  • 弁護士受任の前までに家族の生活費の確保ができました。

<倒産支援のアドバイス>

倒産を決意する時期が遅すぎました。
もう少し早く倒産の決意をしていれば、資金の流出を防ぐことができました。
銀行や債権者の取立は、倒産の準備ができていれば対処ができます。
倒産を決意する時期で倒産準備の難易が左右されます。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話