倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

ココロノヨリドコロ

HOME > ご相談の実例 > 粉飾決算が破産申立に及ぼす影響について

粉飾決算が破産申立に及ぼす影響について

相談内容

粉飾決算が破産申立に及ぼす影響について教えてほしい。

 

相談の経緯

粉飾決算が破産申立に及ぼす影響をお教えしています。

粉飾決算が破産申立に影響を及ぼす場合があります。

粉飾決算で金融機関から借入をしている場合です。

金融機関から借入をするために決算内容を操作しました。

借入をするためにやむをえず操作してしまいました。

このような話をよく伺いますが、決算内容の操作は粉飾に当たります。

 

粉飾決算による金融機関からの借入は詐欺に当たります。

詐欺による借入は免責不許可事由に該当しますので、詐欺による借入は免責は認められません。返済義務を免れることはできません。

金融機関より告訴される場合もあります。この場合には刑事責任を追及されることとなります。

破産手続きのなかで、破産管財人が粉飾決算の程度や悪質性を勘案して判断することとなります。

破産管財人の判断により免責となる場合もあります。

 

粉飾決算をしているからといって必ずしも悲観的になることはありません。

粉飾決算による金融機関からの借入は良いことではありませんが、やむをえず行ったものであることを破産管財人に説明をすることで酌量されるようにお願いをすることができます。

破産管財人へのお願いの仕方で免責となる場合も多々あります。

 

相談の要点

粉飾決算を必ずしも悲観することはありません。破産手続き時に粉飾決算の判断は破産管財人に委ねられます。

破産管財人に粉飾決算を「やむをえない事情」と判断してもらえれば解決できる問題です。

 

YTOの支援

*YTOは、粉飾決算の対処方法をお教えしています。

*YTOは、粉飾決算があって悲観せずに破産手続きを進められる支援をしています。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話